サーチャー紹介

当事務所のサーチャーは、いずれも、技術的なバックグラウンドと元特許庁審査官としての審査実務経験を併せ持っております。
そのため、特許調査に必要な、技術に対する深い洞察力と、高い専門性に伴う判断技術を備えており、
クライアント様が有する課題に対して、最適なソリューションを提供いたします。
特許調査を行う際には、まず検索式というものをたて、その検索式にヒットする文献を一件ずつ読み込んでいくことで、調査を行います。
検索式を立てる際には、テキストやキーワードを入力して検索する「テキスト検索」と、特許分類やFタームなどの検索キーを使用する「FI/Fターム検索」を組み合わせることで、無駄な閲覧を省き、かつ、欲しい情報をピンポイントにヒットさせる検索式を立てることができます。

弁理士 山城 正機

_to_3754a
東京工業大学工学部機械宇宙学科卒業
(研究テーマは噴流の流れの微細構造に関する実験的研究)
東京工業大学大学院総合理工学研究科創造エネルギー専攻終了
(研究テーマはプラズマを用いた直接発電の発電システムに関する解析的及び実験的研究)
重工メーカで火力発電所向けボイラの設計・開発業務に従事
(炉の大きさ、伝熱管/熱交換器の配置や容量、管の材料の選定など)
特許庁任期付審査官(第2期)として審査業務に従事(特許審査第二部熱機器)
(担当した技術は、燃焼器、バーナ、ボイラ、焼却炉、ストーブ、給湯器、たばこ、太陽熱、食品加工、台所用品など)

宇田川 辰郎

東京大学工学部機械工学科卒業
(研究テーマは高分子材料の粘弾性挙動に関する研究)
東京大学大学院工学系機械工学科 修士課程修了
(研究テーマは高分子材料の粘弾性挙動に関する研究)
鉄鋼メーカで金属加工の研究開発業務及び知的財産に関する業務に従事
(熱延、継目無管、形鋼などの圧延技術の開発、特許出願及び権利化支援、渉外など)
特許庁任期付審査官(第2期)として審査業務に従事(特許審査第二部生産機械)
(担当した技術は、金属薄板の曲げ、プレス、剪断加工、及び鍛造加工全般など)