審査請求前調査

特許出願をしたものの、審査請求をするべきか迷っている。
このような場合に行う先行技術調査が、審査請求前調査です。特許出願をしていることが前提となります。
特許出願をしただけでは特許を取得することはできません。特許出願をし、さらに、審査請求手続きをして始めて審査がなされ、審査を通れば特許を取得することができます。そして、出願手数料とは別に、審査請求をするためには審査請求手数料を支払わなければなりません。せっかく審査請求手数料を支払って審査請求したにもかかわらず、審査で拒絶されてしまうと、そのお金が無駄になってしまいます。
また、特許出願を審査請求せずに取り下げた場合、出願手数料が特許庁から返納される制度があります。
このため、審査請求すべきかどうかを判断するために、過去に似たような先行技術がなかったかどうかを調査するのがこの調査です。
調査の結果、同じような発想の技術の存在が判明した場合は、審査請求しないほうが賢明かもしれませんし、一方、最初の請求項は似たような技術があっても、下位の請求項で勝負できるという感触を得ることがあるかもしれません。
複数の請求項がある出願の場合、希望する請求項について、調査を実施し、判断を行います。
最初の請求項や独立請求項のみのご依頼も承ります。

 

費用の目安 5万円~
納期の目安 3日~

 

※費用及び納期は、あくまで目安です。請求項の数や調査の難易度に応じて変動することがございます。案件ごとにお見積もりをいたしますので、こちらのお問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください。